今日の運勢は?

占いといえば、思い浮かべるのは、手相占いと姓名判断ではないでしょうか。 手相も名前も一番自分に近く、そして大切なものです。 インターネットのサイトにも出ているので、ある程度は自分で判断することができます。 そんな手相占いと姓名判断に注目してみました。

実際に占ってもらおう

タロットカード占い、水晶玉占い、前世占い、六星占術、四柱推命、風水と気になる占いがたくさんあります。 また、スマホのアプリやインターネットのサイト等で占うことも出来ます。 実際に占ってもらったらどうなのかを対面とアプリとそれぞれ体験してみました。

前世を信じますか?

仏教用語で輪廻転生という言葉があります。 人は死んでも、魂は死なないのでまた人として生まれ変わるということです。 前世というのは本当にあるのでしょうか。 前世占いという言葉も最近よく耳にします。 そこで、前世が見えるという方に実際に占ってもらいました。

占いといえば?

朝のニュースの占いコーナー、楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。
いいことを言われればその日一日気分がいいですし、悪いことを言われれば、一日気を引き締めようと気をつけます。
またラッキーカラーやアイテムなど、身につけるといいこと起こるといわれれば、良いことがあったら、ラッキーですし、何もなくても何事もなく無事に過ごせたということで幸運だと信じられます。
血液型、星座、生年月日から計算する動物占いなど、TVや雑誌に掲載されているものだけでもたくさんの占いが存在します。
子供の頃、履物を足で放り投げて、履物が表になったら晴れ、裏返しになったら雨というお天気占いをやったことがある人も多いのではないでしょうか。
たいていは明日の天気が気になったり、晴れて欲しいと思ったときに「明日天気になあれ」と履物を投げるのではないでしょうか。

太古の昔より、人は、占いによって物事を決めていました。
亀の甲羅を使って、その年が豊作か凶作かを占ったり、おかゆに生えたカビの形でその1年の災害を占ったりと昔から占いは存在しています。
人はなぜ占いを信じるのでしょうか。
なぜなら、先のことは分からないからです。
分からないから知りたい。
自分自身で答えが出せないから、誰かに出して欲しい。
占いは、気になること、こうなって欲しいこと、答えが出ない疑問があるときに、背中を押してくれます。
気をつけなければならないこと、進むべき方向のヒントを与えてくれるのです。

TOPへ戻る